読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

valid,invalid

関心を持てる事柄について

ローカルで作成したGitリポジトリを GitHub に push する

Git GitHub

最近Git使い始めた。(仕事ではもっぱらSVN
ローカル作業のバージョン管理だけやってたけどせっかくならGitHubも利用してみたい…ということでローカルに作成したリポジトリGitHubに push する方法を調べた。

ほとんど↓に書いてある方法で出来たが、使ったことないコマンドあったのでメモしておく。
GitHubで、ローカルで作ったリポジトリから新規作成する - by shigemk2 - 

1. ローカルリポジトリ作成

今回はすでに完了していたけれども、まずローカルでリポジトリ作成〜コミットまで。

$ git init 
$ git add -A
$ git commit -m "optional message"

 

2. GitHubリポジトリ作成

GitHubで "new repository" 。

3. リモートリポジトリを追加する

下記コマンドでリモートリポジトリ追加。

$ git remote add origin "https://github.com/[repository_name]/"

4. ようやく push

$ git fetch
$ git merge origin/master
$ git push -u origin master

"-u branch master" は紐付けのために初回のみ必要とのこと。

git fetch ってとは。
git merge はなんとなくわかるがどんな挙動なんだ…というのは下記で。
fetch【リモートリポジトリ】 | サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ - 

git fetchの理解からgit mergeとpullの役割 - Qiita - 


結果、GitHubに push できた。
https://github.com/ohbarye/PlayPractice

【余談】

途中、リモートリポジトリ名を間違えた。再度 git remote add しようとしたら、エラーが出た。その時の対応は下記。
【githubエラー】fatal: remote origin already exists.の対処 - iwaheiもといロックソルジャーのweb(メモ||日記) -